ココロアラウ石けんができること、それは幸せを導く力を育てること

喜び、照れ、寂しさ、悲しみ、怒り、心に思ったことは、私たちが思っている以上に、正直に顔の表情にあらわれます。ですから、顔は心に一番近い臓器といわれています。

顔で感じる心地よさは心にダイレクトに伝わります。

香りを使って、あなたの内側にあるハートの部分に、ダイレクトに愛情を伝える、それが「恋する石鹸」の一番の目的であり、役割でもあるんです。

手から伝わるやさしさと、泡の心地よさ、そして天然の香りが伝える愛情は、少しずつですが、確実にあなたを変化させます。

だからあなたがしっかり幸せを感じられるように、
泡の手触りや弾力、香りは、徹底的に”心地よさ”にこだわりました。

ココロアラウアロマが最高のバランスで配合されています

アロマの元祖:ラベンダー
アロマセラピーの原点ともいえるラベンダーの、語源は「洗う」です。癒されアロマの代表でもあるラベンダーにも、グレードが存在し、それはできる限り高地で採油されたものが有名ブランドの香水の原料に使用されているものですが、ココロアラウというテーマにまさに最適な香りをブレンドしました。

心のエネルギー:グレープフルーツ
太陽のように黄色いグレープフルーツの果皮から採油された瑞々しい香りは、心にたっぷりのエネルギーを注いでくれます。疲れが心を癒してくれるのは、このパワフルな果実と言っても過言ではありません、心の元気を取り戻す強い助っ人となってくれます。

コールドプロセス製法へのこだわり

天然の香りはとても繊細です。

少しの熱で香りがとんでいってしまうため、低温でじっくりと製造しなくてはなりません。コールドプロセス製法と言って、とても古典的な製法ですが、良質なグリセリン(保湿成分)が残るので、肌に吸い付くような泡ができ、肌がしっとりもちもちっとします。

一般的に、石けんは石けん素地を混ぜ、熱を加えてかき混ぜ、鹸化させてから数日で完成するのですが、このコールドプロセス製法とは、名前のまんま、熱を加えることなく、材料を混ぜて自然と鹸化させるので、完成までにおおよそ3か月かかります。

とても手間暇がかかる作業になるので、快諾してくださる製造会社を探すのに一番苦労しました。ですが、一番妥協したくない部分だったので、商標の取得や材料を先に探しながら、ご縁があるのを待ちました。そしてついに出会いました!自分の娘さんの皮膚疾患を治したい一心で石けんづくりに注力され、工場まで建てられた製造会社さんは、今ではその「肌が弱かった」娘さんが代表をされておられます。起業したきっかけが親の愛、そして原材料に細心の注意を払って、丁寧に一つ一つ手作りくださる製造工場さんに出会えたことこそが、第一の引き寄せだと感じています。

恋する石鹸の成分

材料は、マッサージでも使用される天然植物オイルを使っています。
グリセリンは石鹸本来に含まれる保湿剤で、コールドプロセス製法で作られた石鹸に残る良質な保湿成分です。ホホバ油は肌の水分蒸発を防ぐエモリエント効果があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ